角質に寄生する水虫の治療には抗真菌薬が有効

水虫は、カビの仲間である白癬菌が爪や皮膚の角質に寄生する事で発症し、白癬菌はケラチナーゼと呼ばれる酵素を分泌する事で爪や皮膚の角質を構成するケラチンを加水分解し栄養とします。
水虫には、趾間糜爛型や小水疱型と角質増殖型、爪白癬があります。
趾間糜爛型は、足の小指と薬指の間に白癬菌が寄生し易く、小さな発疹から水疱や嚢胞が出来る事があり、嚢胞が潰れると湿潤な状態の患部となります。
小水疱型は、足裏や足側縁部、土踏まずに小さな水疱や嚢胞が形成され、無意識のうちに引っ掻いたり歩行などで嚢胞が潰れ趾間糜爛型と同様に湿潤な状態の患部が形成されます。
趾間糜爛型と小水疱型は、合わせて汗疱状足白癬とも呼ばれ、湿潤な状態の患部は非常に不衛生で免疫力が低下している為に、有害な病原菌が侵入し易く二次感染を引き起こし易いので、患部を可能な限り乾燥させ清潔に保つ必要があります。
汗疱状足白癬の治療には、抗真菌薬を配合した軟膏や吹き付ける外用薬が一般的ですが、湿潤な状態の患部には液体の抗真菌薬は刺激が強いので避けるべきです。
角質増殖型は、汗疱状足白癬を治療せずに放置したり、長期にわたり再発を繰り返す事で角質の深部に白癬菌が寄生し、足の裏や踵の角質が硬く厚くなり白くかさつく様になります。又、角質増殖型の水虫患者は、爪白癬を併発している患者が多くいます。角質増殖型は、白癬菌特有の湿潤な状態の患部は形成されず、老化現象や乾燥によるひび割れと勘違いする事が多く、感染に気付かず白癬菌が角質の深部に寄生する為に、軟膏や吹き付ける外用抗真菌薬は効き難く、浸透率の高い液体の抗真菌薬が有効とされています。
爪白癬や角質増殖型は、外用薬と合わせてラミシールやイトリゾールなどの服用するタイプの抗菌薬が処方される事が多くあります。

ページトップへ