赤ちゃんの水虫と気をつけたい時期

赤ちゃんにはさまざまな疾患に対して抵抗力がなく、それは皮膚疾患でも同じです。刺激や雑菌に弱い赤ちゃんの肌は、場合によっては水虫となってしまいます。赤ちゃんの水虫は、足の指や足の爪の近くに大人と同じようにできたり、爪が白く濁って変形してしまったり、足ではなく身体にかさかさした境界のはっきりした楕円形の発疹として出るケースなどさまざまな症状で現れてしまいます。とくに、家族の中で水虫を患っている人がいると感染してしまう可能性が高く、感染してしまった場合よく症状に出る場所として湿度の高くなりがちなおむつの中に症状が出てきてしまう場合も多くあります。
気をつけたい時期としては、ハイハイなど自由に動けるようになった頃が危険です。この時期は手や足を床につけて歩き回りますし、色々なものを触り始める頃です。家の色々な場所を触ったり動き回ることによって、家族の水虫が感染しやすくなってしまいます。
このような時期の予防方法としては、汗をかいたらこまめに洗って拭き、靴下を履き替えるなどのケアが大切となります。また、ナイロンのような通気性の悪い靴下は良くないため、綿などの通気性の良いものを選んだり、家の中にいる時は裸足で過ごすなどがおすすめです。洗う時は低刺激か普通の石鹸で十分で、あまり洗い過ぎてしまうと肌に必要な皮脂や角質層まで落として水分を落とし、乾燥肌を招いてしまう可能性もあり洗い過ぎには注意が必要です。洗った後はベビーオイルなどを塗って油分を補っておきことも重要となります。
家族が水虫であると、赤ちゃんへの感染率も高くなってしまいます。自分は水虫だと認めたくない人も多くいると思いますが、赤ちゃんの健康を守るためにはきちんと認めてしっかり治療することが大切です。

ページトップへ